« 2010年3月 | トップページ

2010年4月23日 (金)

中国旅行記

  実は3月上旬に中国へヘレボルス・チベタヌス(クリスマスローズ)見学ツアーに同行した(企画して仲間を募った)。その後報告も一部ご紹介。

19世紀にアルマンダビット宣教師がチベタヌスを発見して発表してから長年謎に包まれていた種であったが、やっと我々一般人にも手の届く花になりつつある。が、その実態を詳しく紹介している人は少ない。

自生地の環境からすると、日本の福寿草に近いが、生育期には非常に水を欲しがる植物のようである。根の量に対して、地上部の生育が旺盛なことからもうかがえる。おそらく今ちまたで売られている輸入品ははっきりいって購入しても、育たないだろう。成長期には雪解け水が常に流れ水分は豊富、標高1600mで年間をと通して涼しい。こんな素晴らしい環境のものが過酷な日本で育つはずがない。種子から日本の環境に合わせて育てるしかないだろう。もしくは”ヨシノ”のような雑種強勢が創られないと、育てるのは本当に難しい。

写真を数枚紹介します。

Adsc_0858

案内、同行してくださった、我らが師匠、森和夫先生と僕の恩師ジョン。2匹のパンダが出たー!なんて口が裂けても言ってはいけませんが、このお二方良いコンビ!

実は彼が”行きたい”との鶴の一声で始まったこの企画。通訳兼で参加した。実はこの場所2回目。ガビ山麓にて満開のヘパチカ・ヤマツタイ(雪割草)をバックに!

Adsc_0903

信じられない!崖に張り付いた、満開のプリムラ・シネンシス(雲南サクラソウ)。

日本では白花タイプが多く流通しているが、基本はピンクである。白花は稀。はっきりいって出来すぎているくらいきれい・・・。品種改良の余地なし!

Adsc_0985

ヘレボルス・チベタヌス

やっと満開のチベタヌスに会えた・・・・・涙。

これ以上ないという素晴らしいタイミング、のびのびした株姿、みずみずしい透明感があり清楚な花。そして和紙のようで、やさしい淡いピンクの花。

Adsc_1012 

プリムラ・ムーピエンシスとチベタヌス

苔むした湿度満点な場所にはいつくばるように根を伸ばし、ワザビ田のよう

表土は15cmあるかないかくらい。

Aaadsc_0943

近くの人家で初めてのチベタヌスを発見して満面の笑みを見せる、山形のクリスマスローズ育種家・樋口先輩。花を見る純粋な目、心洗われます。

Adsc_1041

同行してくれた高橋プランツさん、ジョン、自分。

チベタヌスが生えている環境をご紹介。岩盤、岩場の上に低木が生え、落ち葉の積もった場所を好んで生息している。薄暗い感じ。夏になるとクサソテツや、ブタクサ、アシサイ、バラ科のものなどが1.5m位の高さまで茂り、覆いかぶさるような状態になるようだ。

おそらく夏の休眠期もある程度の湿気は保たれている状況と考える。栽培のポイントにつながる発見が多くあった。

夏に先生が訪ねてみるとのこと。また話を聞きたい。

それとは別に、この土地の地権者とも会うことができた。地権者ははっきりいってチベタヌスには興味がない。むしろチベタヌスを掘って薬用になるからという理由でホウノキを植えている。それらが成長した時には恐ろしい・・・・。先生はここを保護したいという意思を伝え、その活動も始める予定。また森先生の植物に対する思いやり、チベタヌスを見るやさしい目を見た。

それにしても、何度見ても飽きない、この誇るべき素晴らしいアジアのクリスマスローズ。この魅力は果てしない。素晴らしい環境を守るため、僕も出来る限りの協力をいろいろな形でしたいと思う。

日々のクリスマスローズの厳しい市場競争、趣味者、メディアからの要求に追われているような気分に勝手になり、内にこもり気味だった自分。焦ることない、ゆっくりいかなくては。生きていくには経済的にお金は必要であるが、それ以上に植物に触れることのできる楽しみ、もっと喜びを感じタイと思う。

そして同行してくれた方々のように、心から花が好きという、花好きの輪を広げたい。花を楽しむには、人とのつながりを大切にすることは不可欠。多くの人と喜びを共有し、、思いやりを持ちながら、つながりを深めていきたい。

クリスマスローズシーズン終盤、忙しくて出発の数時間前に荷物を詰めてあわてて家を飛び出して数日。

山の中でゆっくりした時間、空気が流れる。

毎晩、師匠ジョンと同じ部屋でいろいろなことを語りあったが、何よりも大切にしていることを改めてこの旅で教えられた。

親愛なる皆さんこれからもよろしくお願いします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんな元気、息子も無事です

特発性血小板減少性紫斑病

これが息子の病名でした。昨日検査があり順調に回復に向かっているので、ご心配くださいました皆様、ありがとうございました。自分は何一つ大きな病気にかかったことがなかったので、気が動転していました。まさかの白血病ではないかと・・・。

余計なことをブログに書き、皆さんにご心配をかけ失礼しました。

家族の絆が深まった気がしております。

それ以上に自分自身、生まれてこれまで健康診断というものをしたことがないので、そろそろ行こうと決意をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

大満喫の南アフリカ

無事の帰国後、息子が入院。僕がアフリカから悪い病気でも持って帰ってきたのではないかと心配したが、関連性はないようだ。血小板の急激な減少によるり血が固まらない状態。病院で全体安静の日々が続くが、峠は越え、後は薬の投与によ李時間だけが解決してくれる状態。もうしばらくはかかりそうだが、近日中は大きな出張の予定がないので助かった。ゴールデンウェイークも病院通いで終わりそうだ。家族を大切にしろという神の声と受け止める。

前置きは長くなったが、自分自身は無事に南アから帰国。しかもかなり満足させてもらった。話題のドバイで乗り換え、合計22時間くらいのフライトは長かったが、映画を見て、仲間と飲んだくれている間に、あっという間についてしまった。

後は文章より写真で紹介する。

Dsc_1841

テーブルマウンテン・・・・晴れるのは珍しい。ラッキー頂上を散策、ネリネを発見!

Dsc_2225

荒野、エリカの宝庫。たかが数時間で10種以上のエリカを見た。

Dsc_2528

巨大アロエ・・・・山火事(草原)の数週間後。すでに芽吹きが見られ、ちらほら球根系も!!!ユーコミスもこんにちわ。ちなみに後ろの木は枯れている。このアロエは、小さい株は茹でアロエになっていた。

N

涙  涙  感動の涙

満開のネリネ原種フミリス・・・・山火事の後だろう。

Dsc_2647

別の場所で、同じ種フミリス・・・植生もまったく違い、花の変異も以外にあることにびっくり。

Nerine_sarniensis_floorshoogte_3apr

そして・・・・・

やっと会えたね本家本元ダイヤモンドリリー、涙。

10年来の願いがかなった。   

ネリネ・サルニエンシス

Dsc_2770

ヒガンバナ!?と同行した山本氏つぶやく・・・・・

確かに言われればだが、輝きが違うでしょ!!!!!

Dsc_2869

ハエマンサス・コッキネウス

赤花・マユハケオモト意外と個体差があったぞ、近年中に改良して皆さんにお届け!!

Dsc_3009

南アフリカといえば・・・

キングプロテア 国の花

迫力満点

   Dsc_2578 

最後に一緒に同行してくれた有と満開のブルンスベギア・オリエンタリス!大感謝。

毎晩のワインでの宴会、楽しかったですね。

グリーントラベル横山(自称)、この旅よくやってのけました。

10年来、夢を見続けてきた南アフリカ

旅行会社に頼むもの、タイミングが合わず、そして僕には重たい費用の面・・・・・。

思い切って今回の旅はすべて自分で企画して、飛行機の手配、現地と調整、通訳などなど、とにかく事前準備が正直大変だったが、その分実のあるものとなった。当初は自分でレンタカーを借りて移動する予定だったが、治安の問題などあり、現地の案内人をお願いすることにしたのだが、これが大正解。ケープを知り尽くすタネ採り屋さん(表向き)、またその傍らこのような案内も多少してくれるような、自然観光兼環境ガイド。最終的な経費は予算の半分くらいで収まったのも、助かった。うれしかった。

総括

正直見るものすべてが新ものではない。はっきり言って、ほとんどのものは園芸化されており、どこかで見たことのあるものが多い。

しかし自然環境で見られるということは非常に勉強になったし、おもしろかった。日本や中国の山であればなんとなく想像がつく植生に対する勘が、南アフリカでは全く通用しない。どこへいっても、次何が出てくるんだろう、何があるんだろうの連続で、常にドキドキ・ワクワクの毎日で、玉手箱を目の前で次々に広げられているようだった。

ケープ周辺は大きな木が少ない。5~10年の期間に頻繁に山火事が起きるからのようだ。山火事があった1~3年後の世界は球根植物にとって格好の場で、競争相手が減り、陽を良く浴び、よく成長して花を咲かせることができる。ものすごいバランスだ。プロテア、バンクシアなどもきちんと火事後に備え、タネを飛ばし数年後にはちゃんと実生が生えているのがわかる。自然の摂理にただただ驚くのみだ。

我が家のネリネ、火であぶってみようかな。

それ以上にネリネの新たな過去、そして育種や方向性、将来性が見えたことが、何よりの収穫となった。数十年後をご期待ください。

現地を案内してくれたキャメロンさん。気の良い花好きのおっちゃん!大感謝。

そしてなにより同行してくれた仲間・先輩、大感謝!

この色濃い思い出、今回も本当に人に恵まれた一生涯忘れない旅の一つになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ