« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

明日から中国です

ザ・チベタヌス・リベンジの旅

前回咲き終わったしか花しか見れなかった、チベタヌスをもう一度挑戦!チベット紛争が何のその!日本代表のユニフォームでも着て、巻き込まれないように頑張ります。

帰国は順調なら、4日。連絡はそれ以降でよろしくお願いします。 

また報告します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

良き仲間

今日は(今日も)ドタバタ。やった仕事は水遣りと除草・草むしりを少々。午後から、4市合同の花卉生産者組合のような会の見学会で、川越の花壇物(苗物)生産者を訪ねた。規模がすごすぎる。温室30棟、面積2700坪、パートさん20人以上。1日に2万ポットの鉢上げをする時もあるらしい。我が家の合計3.5万ポット、1ヶ月以上もかかるのにそれをわずか2日で・・・・!?信じられない。工場だここは。これ以上のコメントは避ける。もちろん自分には出来ない悔しさもあるので。

その後の懇親会が良かった。こんな近くに花生産を頑張ってやっている若者(20大30代の2世など)25人くらいが集まった。生産品目は僕とはまったく違うが、話をしていて楽しかった。勉強になった。近くに仲間がいるというのも頼もしい。

消防、農協、地元の会・・・。みんな苦労して一緒の道を歩んでいるのが、笑えた。そして飲み方もどこか共通で、半端じゃない。もちろん午前様だけど、ちょっと良いが甘かったので、あまりにも、日中仕事が出来ないので、悔しさがったのと、見学した生産者に負けたくないという気が、酔った勢いで温室で鉢上げを軽くしてしまった。

眠い。帰ったら新聞届いているし。(ちょっと早すぎだろ!)

でも、これからもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

雨の日の植え替え

久しぶりにしっかりと降る雨だ。こんな時は交配も出来ないし、外の仕事も出来ないので、ひたすら作業場(パイプハウス)で鉢上げ作業だ。やっと大方の開花株がお嫁に行き、場所が出来たので、一気に開いたスペースをクリスマスローズの小苗で埋める。丸二日間外に出ずひたすら追い込み鉢上げだ。なんせ交配した数700で、それぞれが平均20ポットつつあるとして1万4千ポット、色別苗が3万ポット。合計4万ポット、ポットマシーンなどもちろんない、土も自分で混ぜ作る。一つ一つ苗をチェックして、心を込めて植え替える。

実は僕は植物を育てていて最も楽しい作業は、この鉢上げ作業。一株一株向き合い、植物の調子をみて、期待を込めて植え替える。時に無心になり作業をして、時に考えことをしながら、そして心が病んだときには素手で触れると、落ち着ける。植物の力を感じる。

緑に触れよう!Dsc_6142

今日はちょっと可愛い写真!クリスマスローズの移動をお手伝いをする息子二人(もう4歳と2歳)。子供の成長は早いものです。クリスマスローズの開花は3年で、満足いくには2世代、3世代で9年。さて、この子達が開花するのは何年?

そして、今我が家の庭で満開の原種シクラメン。植えてから5年目、ようやく地面を覆いつくすくらいになりました、感激。その中央に実生のヘレボルス・ベシカリウスが・・・!?この調子だと来年咲くかも。Dsc_6164 Dsc_6169 この部分夏はフウロソウ(ゲラニウム)で覆われ、かわいいピンクの花が咲きます。ちなみにロックガーデン風ですが、用土は黒土に腐葉土、鹿沼を少々混ぜて、盛り上げているだけです。水はけは、ばっちりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

いけばな教室

今日はいけばな教室で、お稽古でした。仕事に集中していたので、ヘロヘロ。先週は地元農協の研修旅行のため、初の欠席でしたが、他は全回(週一回)出席。片道1時間、新宿への長い道のり、良く頑張って続いているものである。というか毎回が新鮮で楽しいので、まったく苦ではない。何とか激動の2,3月も乗り切ったので、一安心という感じだ。

これから沢山、春の花が咲いて来る。山にも行こう。今年もどんな花に出会えるのだろう。

眠たい・・。

PS.今日は一日中、非常に珍しく、父と2人だけで協力体制によりクリスマスローズの鉢上げをしました。とくに特別な話をするわけでもなく、黙々・淡々(チョースピード)とポットへ苗を植える二人。なんだかあまりにも久しぶりなので、なんだか照れてしまいました(誰も見てないのに)、苦笑。でもそんな事言ってないで、早く終わらせないと・・・。もう相当でかいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

鳥取何とか無事に終了。

前日に鳥取入りして、薄曇のなか足立美術館を見学。素晴らしい庭に感激。いつかはこんな庭を作りたい。そしてのんびりと、お茶をしたいと強く思いました。激動の2,3月の中で本当に心や安らぐ一瞬でした。

さて本番当日、講演内容を整理してスライドの確認を・・・・と思ったら、なんと持ってきたデータCDが”息子のトーマス24話” 一気に血の気が・・・・・。うそでしょ。

必死に家に電話して、何とか奥様にデータを送ってくれるようにお願いをして、講演会寸前に何とか間に合いました。みんな大笑い。奥様にも私でよかったねと、皮肉たっぷりに言われる有様。集中力が。

そんな珍道中がありながらも、それでも、多くの鳥取の皆様ありがとうございました。200人近くの人がいたのではないかと思うくらい集まっていただき、熱心に耳を傾けていただきました。最初は司会者の矢沢先生のペースにはまり、あまりエンジンが掛からなかったのですが、何とか後半持ち直し、自分らしい、クリスマスローズの話が出来たかなと思いました。

少しは皆さんに夢を与えることが出来ているのかな?楽しみを伝えられているかな?何とかなく、皆さんのお声がけで感じることが出来た気がします。

また来年!呼んでくださいね、とっとり花回廊さま。

次は九州かな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

これから、鳥取です。

忘れていました。今日から鳥取入りです。これから温室に行ってちょっと仕事をして、出発。ちょっとだけ観光(足立美術館・庭園)をして、とっとり花回廊の方々と御堅い宴会をして、2次会で気の知れた先輩とドンちゃん騒ぎ・・・?まだ講演会も終わっていないのに、前祝という感じです、笑。明日ちゃんとしゃべれるかしら・・・。昨日も苗を販売用に送りました。原種もありますよ。是非とも、来て見てよかったらつれて帰ってくださいな。

それでは鳥取で会いまひょ。よろしくお願いします。 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

すごいぞ!ど根性原種シクラメン・・・

子供とふと庭をふらふらしていると、なんと原種シクラメンが開花しているのを発見(子供が先に発見)!しかもまったく土がないといって良いようなコンクリートの隙間から。以前芽が出たところまでは紹介したが、まさか花が咲くとは思わなかったので、感激。アリの巣の上なのだが南向き、夏も冬も1日中日が当たりかなりの温度差のはずなのだが、生きている。アスファルトとコンクリートを壊さないとどんな状態で球根がいるのわからないが、とにかく乾きやすく水はけがいいことは確かだろう。数日にいっぺんは乾燥してしおれている感じである。逆に言うと、それくらいの場所の方が育つのだろう。

展示会・講演会でも、言うのだが球根は埋めること。乾きやすい壁際、生垣の下、落葉・針葉樹の木の根元などが良い。それと、やはり環境になれる原種シクラメンとなれない子がいるのも確かかもしれないので、1回であきらめずに何度か挑戦していただきたい。我が家の庭の原種シクラメンも5年目にして素晴らしくなっている。今日写真撮ります。

先日原種シクラメン愛好家の友人と話をしたのだが、やっぱりもっとこの良さを伝え、子ってもらいたい。スミレのような、かわいらしい雑草といわれたいなDsc_6022 Dsc_6021

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

2日間留守です

農協の視察・研修旅行で、今日明日留守にします。天気があまり良くありませんように(植物に負担がかからぬように)

帰ったら連絡いたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

花に向き合う

やっと展示会なども落ち着き、花に向き合う時間が出来ました。といいたいところですが、満開を過ぎもう終盤です。

なんだか今年は落ち着かずゆっくりじっくりと会話が出来なかった気がしてなりません。交配をやったことある人なら分かると思いますが、やはり気持ちを落ち着かせ、心に余裕がないと出来ないことなんだと改めて思いました。

シンプルなシングルが良い。欲しいのは飽きの来ないきれいなシングル、芸術を表現するのは繊細なアネモネ咲きと、ゴージャスな八重咲き。今年の初花を少々お披露目です。

Dsc_6083

やはり美しい糸ピコティーのアネモネ咲き。これ以上の繊細さはないでしょ。

続いて八重咲きシリーズ、葉脈がはっきりとしてるピコティーダブル。迫力ありですね。Dsc_6073  Dsc_6091 Dsc_6102

中心部が黄色のダブル。突然現れたという感じですが、この色対比、唯一無二の存在です。遺伝性があるかどうか楽しみです。

そしてスポットのずんぐりムックリダブル。意外と整って平均的に入っているので、好きですね。後ろは真っ白なので、振り返るとあら驚き。

ブラックのダブルと世間では騒がれていますが、次のブームは何なんでしょうか?実はあまり完璧にクロ・ブラックというのは少ないかもしれませんね。

巨大輪?極小輪?フルダブル?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月 8日 (土)

間違え

失礼しました。とっとり花回廊での講演・講習会は15日でした。ご指摘ありがとうございます。

販売品の方もしっかりと送り、本日から園内の売店で売られることになっております。すでに100鉢くらい良いところが並んでいるはずです。会期中にも、咲き次第送りたいと思います。よろしくお願いします。

出会いに感動して、めぐり合わせを是非とも楽しんでください。

PS.息子が今日、借り退院を出来そうです。様子を見て通院生活になりそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

ありがとうございます

多くの方から、励ましの言葉・気持ちをいただきました。余計な心配をかけてしまって、すみません。家族のことなど書かなければ良かったという気持ちが少しありながらも、助けていただき本当に良かったという気持ちでいっぱいです。感謝感謝です。

いつか、みなさんに何かの形で恩返しをと、思っています。

これからもよろしくお願いします。 

今日も忙しいぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今後の予定

次に僕が出没する場所は、鳥取県とっとり花回廊です。3月16日に講演会をします。ここでは3月8日よりクリスマスローズ展が行われています。すでに我が家からも多くの展示品が送られており、ボリュームのある、展示になりそうです。園の方からの要望で(いぱんんお方からのお声かけもあり)、我が家の子達・クリスマスローズの即売も行います。実は今年は冬らしい冬で、開花が遅れており、まだかわいらしい子達が咲いてきているのです。本来の開花時期なのですが、やはり花屋さんではシーズンが終わりかけという感じで、お嫁に行けない子がいます。お近くの方是非とも足をお運び下さい。

それでは、今期最後のクリスマスローズ出張出前サービス、鳥取でお会いしましょう。

よろしくお願いします。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

関西出張展示即売会終了!

多くの人の協力、そしてお声かけいただき、励まされ何とか乗り切った!!という感じです。今回は本当に指示を出させてもらうだけで、みんながやってくれました。ミヨシさん、陽春園さん、クリエイティブ阪急・さん、ロベリアさん、奈良のエムズガーデンさん、趣味者の方、そして大切な関西圏の友人、ありがとうございました。あくまで、啓蒙活動が目的なので、展示をしっかり作れたことは大切に思います。頑張りたいと思っています。

皆さんが心配してくださった、息子ですが、昨日調子を見に病院に行きました。だいぶ熱も腫れも治まり、今日明日には点滴も取れるようなことを言っていました。外に一歩も出れないのに、しっかりと2本の足で歩き、元気そうな笑顔で、ちゃんとお父さんを認識してくれたので、うれしかった。感動。妻の頑張りにただただ感謝です。

さて展示・即売の報告ですが、大阪の方は多くのファンの方が待っていてくれたという感じで、開園前にすでに50人の列。新聞の取材も入ってくれました。宣伝力違いのせいなのか京都植物園の方は、いまいち振るわず、人はパラパラ・・・。

クリスマスローズという名前はだいぶ認知され来たと思いますが、まだまだ広くは浸透してないきがします。大切なのは、初めての人たち、まだ興味を持ってない人たちをどれだけひきつけるか、にかかっていると思います。まだまだ一時のブームで終わらせるにはもったいない植物です。育種だってまだまだやることは沢山あります。是非と、クリスマスローズの大ファンのかた、広めてください。ついでに原種シクラメンも・・・・(あきらめないけど、難しいな)。

展示風景などは、友人がブログ出紹介してくれていると思いますので、咲くやこの花館、クリスマスローズ、大阪辺りで検索してください。

ラストスパートです。もうちょっとクリスマスローズ交配をして、親株の健康管理をして、、まだ咲いて来る花たちをお嫁に行かせて、小さな苗を鉢上げして、温室を片付けて(実は半分くらいはこの仕事)、やることは尽きません。忙しいことは幸せなことです。感謝。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »