« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月27日 (火)

集中力が足りない。

Img_9631 Img_9616 まとめて書いていますので、話が前後します。27,28日と今度は父母そろってお出かけだ。我が家は家族経営なので順番に出かけないと、とても仕事が、回らない。気合を入れて作業をしていたつもりだったのだが、なんだかやや頭がボーっとして動きが鈍い。

ジーちゃんに頼まれて、堆肥の切り替えし(腐葉土を混ぜる作業)と、冬の寒さをしのぐためのサトイモをしまっておく穴を、借りてきたユンボウ(小さいショベルカー)で作業していたのがが、なんとその重機を下ろすときに肩をトラックと重機にはさまれ、打撲。久しぶりに痛ぃーーーー!30分ほどうずくまって泣きそうになりながら家に帰り、何とか動くのでシップをはって、腕を縛って作業。どうしても今日終わらせたいのだ。 

でも、作業効率は半分くらいに落ちる。本格的にこんなことで仕事ができなくなったらどうする!?と自問自答しながら、集中力のなさに、がっくし。

結局病院にもいかず(行く暇がない)、気合で治す感じです。ちょっと痛いけど、病は気から!

9時45分子供より早く就寝。

写真は今回ご一緒させていただいた、偉大な園芸自由人・M先生と、世界の紳士園芸家ブライアンマシューさんと、世界最大の標本館と図書館にて。標本はクリスマスローズ・チベタヌスのもの。死んでいますけど、本物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

ブラスバンド

この日は仕事の合間を見て、家族で救世軍のブラスバンド・ミニコンサートを見に行った。といっても、清瀬の救世軍病院の、駐車場と言うラフなものなので、子供も良い機会なので連れて行った。曲は短くアレンジされていて、子供も飽きることなく最後まで1時間も我慢した(アメで何回か急場をしのいだが・・・。)久しぶりに家族の時間がとれたのでうれしかったのと、こんなにゆっくりと音楽が聴けると言う喜びを感じた、穏やかな日中でした。

子供と9時半就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

時差ぼけ

完璧な時差ぼけです。朝の3時半まったく眠たくなりません。

通販の処理、メールの返信。無理やり寝ないと・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

帰国・帰宅

ただいまです!無事に帰国。やっぱ移動時間長いーーッ!貧乏性のため、じっと10時間も飛行機の中にいると、仕事がしたくなってしまいました、笑。滞在期間を含めて、なんだか2か月分くらい寝た気がしました。明日からしっかりと仕事しないと。取り戻すぞ!

さて旅行記は、明日以降に書くとします。

PS.出発前に連絡が出来ずに失礼しました。あまりにも時間がなく、PCに向かえなかったので奥様にブログに書くようにお願いをしたのですが、日付を見ると昨日でしたね、間抜けな夫婦です。出発の前の日くらい余裕を持つべきですね。これからもよろしくお願いします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

ご連絡遅くなりましたが

いつも横山園芸をご愛顧いただき、また夫の誤字脱字だらけのブログにお付き合いいただき、本当にありがとうございます。実はただ今夫はイギリス出張中で21日(水)まで不在となります。原種シクラメンのご注文等もお受けはいたしておりますが、22日以降の内容確認および発送となりますのでご了承下さい。本来ならば出発前にブログ発信すべきところ、ご連絡がたいへん遅くなり申し訳ありませんでした。今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2007年11月 9日 (金)

眠い・・

 切花出荷・市場周りから、ただいま帰宅。途中首都高が事故でなんと通行止め、なんという試練を与えてくださる・・・・。おそらく今回が最終出荷になる模様です。ふーッと息継ぎができそうですが、山ほど仕事が・・・。来週からイギリス出張なので、死ぬほど頑張らないと。飛行機で死んだように寝ます。

 先日、花屋さん、市場の方、趣味者の方などに来ていただき、ダイヤモンド・リリーの見学会をやりました。まだまだ知られてない部分も多く、可能性があるという前向きな印象を皆さんの顔の表情から伺えました。

 今日、日本国内のみならず、世界的に見ても、ダイヤモンド・リリーの育種・生産は停滞しています。なぜなら時間がかかりすぎるのと、生産性(採算性)が低いと思われているからでしょう。日本ではヒガンバナという先入観も打ち破るのが大変ですし、本当に季節商材なので注目度も低い・・・。タネから開花まで7年、増殖に5年から10年。同一品種の1000本の生産ラインまでは合計15,16年は優にかかってしまいます。

だけど1分1秒を争う、忙しい時代だからこそ、僕はまた時代に逆行してじっくりと時間をかけて、大切に育てて行きたいと思っています。

そして一人でも多くの人にこの輝きを届けたい。皆さん宣伝、啓蒙活動をしてください。

僕は生涯事業、ライフワークとしてダイヤモンド・リリーを育て続けたいと思います。

ダイヤモンド・リリーが好きなんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »