« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月30日 (月)

涙の再開

5時起床。睡眠2時間。さて今日は何処へ!?電車に乗って、飛行機に乗って9:15am目がさめると白銀の世界!!そうここは雪国あーきーたー!期待と不安を胸に、愛する息子と再会!彼は終始笑顔でどうやら父である僕を覚えているようだ。以前出張の多い知人がたまに家に帰ると「このおじさん誰?」と息子に言われ泣いた話しを聞いてたので、不安だったが、それは妻がうまくやってくれたのだろう。その妻は一言めは「酒臭い・・・」(おそらく照れ隠し・希望)。確かに言われてみれば数時間しかたってなく、二日酔いというより、酔っ払い。そんなことはどうでも良い。嬉しくてしょうがなく目も開くし、頭も冴える。さてさてこの後は如何に!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

やっぱ朝は寒い

ここ2週間くらい剣道をサボってしまった。正確には行けなかった。何だかぬくぬくした生活に慣れてしまったせいだか、早朝の道場の床が冷たく感じる(しびれる)。今日はやめようかななんて密かに思ってしまった自分がいた。人間というのは何とも弱いものである。

夜、親友の一人と2:30pmまで飲み明かした。友人とはこのHPを創ってくれた張本人である。久しぶりに真正面から真剣に話しをしたが、彼のしっかりとした考え、理想、発想、目標、信念にはかなり考えさせられた。僕に対しての批評も誰よりも真剣にストレートに厳しく言ってくれて、改めて自分を見つめ直す良い機会を与えてくれた。負けたくねー!と思う反面そういう友人がいることが嬉しかった。

明日は早いので・・・、寝ない方が良いかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

植え替え

プラグトレー(連結ポット)に植えられている原種シクラメン・コームを鉢に植え替え。あまりにもニーズが多いのでこの時期に決行。ここ数日は気候がよさそうなので、植え替えをしている。ならべく根は乾かさないように、傷めないようにし、夜は水をやらない。丁寧にやれば実はこの時期でも植え替え可能!しかし全くの屋外は多少の保護が必要かもしれない。ちなみに我が家は加温もしていない小さいパイプハウス(脇は風除けネット)に入れられて、たくましく生き抜いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

活動予定

活動予定を更新しました。見てください。http://homepage3.nifty.com/cyclamen/cib/index.html の活動予定。

今年もすごい盛り沢山。東京・横浜・京都・大阪・鳥取・そして宮城です!!それぞれの場所で展示会・講演会をする予定です。お近くの場所に是非ともお足を運んでください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

なかなか日記が書けない

日常業務が忙しすぎてなかなか趣味の時間に時間が避けない。さすがに1週間家を空けた代償は大きい。剣道にもしばらく行ってない。息子・妻にも会って無い。好きな花には触れてはいるもののどこか欲求不満である。

身内のブログを見るのはいいが、コメントは個人的によこせよな、皆に笑われるだろが。

さて原種シクラメンについての質問で、深植えはどうしてするのの質問がきた。答えは、理由はまず根が球根の脇や方の部分から出てくることもあるため、そして寒さ暑さに直接影響を受けないようにするため、さらには茎が伸びる性質があるため、それを抑えてバランスの良い見た目にするためです。

img_3269_そして今日の写真はオランダからの輸入球やっと生長開始の様子。一体何年たっているものなのだろう。トランクといわれる長い茎のようなものがここまで延びるのは珍しい。ちなみに芽吹きの方法は秘密、というか完璧でないので言えないだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

仕事始め。

ぐぉーっ!電話ファックスの嵐!予期していたこととはいえ、すごい。ブログどころでは無いという感じだが、期待してくれている人がいるのでとりあえず帰国報告は書けたが、イギリスでの珍道中報告は少々先になりそうだ。

今夜は我が家には久しぶりの来客、山形のクリスマスローズ生産者H氏が訪ねてきてくれた。表には出てこないが、本当に熱心で日本のクリスマスローズ育種では3本の指に入るだろう。そんなこんなで、時差ぼけも手伝いこんな夜中まで話し込んでしまった。これから就寝。

明日には初日くらいの日記は書けるかな!?それにしても植物を通しての仲間というのは面白いものである(植物を本当に愛していればの話しですが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

帰りました。

何とか日本に帰ってきたと思ったら、雪!?成田に着いたとき、新潟空港かどこかと間違ってるんじゃないの?とびっくりしました。今年の寒波は本物ですね。時差ぼけも特になく1日を何とか過ごしました。お持ち帰りの植物君たちも、我が家の土に植えられてグッドナイ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

園芸ニュースレター

今日は朝から園芸ニュースレターの会に参加(新年会)。原種シクラメンのスライドをやらせていただいた。この会の人たちはレベルが高く、いつもより気合を入れ、スライドと話の内容を考えながら講習を行ったのだが、はやり先輩がたから見ればまだまだだったのだろうと思う。その後の座談会でも、本当に色々な話が聞け、どちらが先生だか分からない状態。でもそれがこの会の特徴でもあるような気がして、面白い。本当にみんな植物がすきなのである。そんなこんなでやっと会合から帰ってきました。(ちなみに連日の寝不足で電車を寝過ごした・・・。)これから大慌てで明日の準備です。本当に明日はイギリスに行くのかという状態です。がんばれ。

さて今日の写真は寒くてなかなか咲いてくれないヘレボー君達んお蕾です。実は蕾フェチ。わくわくさせるイヤラシイまでの美しさ。大好き。帰ってくるimg_3009_ img_3022_ までそのままでいなね。  img_3003_
鉢の縁にちょこんとすました様にもたれる蕾。
エリマキトカゲ。
芸術のグラデーション。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

嬉しい雨、悲しい雨

今日は恵みの雨だった。露地で野菜も作る我が家には恵みの雨だった。植えたてのブルーベリーもさぞかし潤っていることだろう。さすがに地面に植えていた植物たちも今日は生き生きして見えた。それにしてもよく降る。

夜は実家に帰っている妻に電話をした。彼女はスッカリ羽根を伸ばし元気な様子。息子も最初は調子が良かったが、何かを突然思い出したかのように泣き出した。ついに父親が遠くにいることを感じたのだろうか?最近びっくりするほど知恵が付いてきているので、妻とも寂しくなったのではと話しを手短にし、電話を切った。うおー悲しい。

恵の雨が、寂しい雨に変わった。単身赴任の父親の気持ちが良く分かる。会いたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

国際免許証

朝から国際免許を取ってきた。そう、久しぶりに気ままな絵一人英国出張!ここ2,3年行けなかったので、今からわくわくドキドキ。久しく英語も話しをしてなかったので少々心配だが、花は世界をつなぐ。というのは花の話しをしていると自然にしゃべれている気がするんだな。さて今回はどんな出会い発見があるのだろう。古い友達に会うの本当に楽しみ。後数年したら、家族で行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

大好きな花屋さん

大好きな花やさんが買い付けに来てくれた。はるばる豊橋からである。こんな遠くまで仕入れに来てくれる魅力的なクリスマスローズを創っているのだろうか。それにして嬉しいことである。(あまり咲いて無かったんだけど)。以前は横浜にいたので、よく遊びに・勉強しに行った。本当に二人のセンスは素晴らしい。近くにこんな魅力的な花屋があればなーなんて。自分で創れ?やりたいけど、今は植物に正面から向き合うことがやるべきことなのかなと思っているので、夢の一つで抑えておこう。

3月にはおみあげを持って遊びに行きますからね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

質問

> コームは葉が斑入りで白花はないんでしょうか?
模様ということでしょうか?
コームは基本的に何も気を使わないでタネまきをすると、真緑の葉が多くでてきてしまう傾向があります。斑模様はなかなか思うように遺伝してくれないのが、難点です。しかも白花は劣勢。なので必然的に白の斑模様は少ないのでは無いかと考えられます。
今日の写真は迫り来る都市化の波。img_2988_
ついに家が隣に建ってしまった。マンションじゃないだけマシだったかもしれない。満開の梅林が恋しい。なんてこった。自分で梅でも植えるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

ブルーベリー屋さん

img_2984_ ブルーベリーの苗木を購入(大量)。使用率が低い畑に植え、ブルーベリー屋さんを目指す。今から黒い真珠が山ほど食べれるようになるのを想像するとわくわくドキドキ。もう既に目が良くなった気分。しかし移植にはこの時期が一番だというが、今年の寒さ、乾燥が少々気になる。今朝は粉雪が、舞っていた。でも、雪、雨でもいいからチョッと雨が欲しい。それから温度。いつもだったら、クリスマスローズも徐々に色付いてくるころなのに、今年はちっとも。暖房機でも買って、暖めないとまずいのでは無いかと思うくらい。だけどあくまでお客様、お店のことを考え、あえて寒さに順応したものを渡したいのが心情。苦しい戦いが続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

初剣道

今日は今年初めての剣道。とにかく寒い。布団から出るのだって億劫なのに、裸足で道場!?最初なんか痺れちゃうんだから、大変。もちろん体操して直ぐに死にそうなほどヘロヘロに先生にしごかれるので、寒いどころの騒ぎで無い。それにしてもこのやられよう、僕はマゾかと思ってしまうくらいである。某先生にはこれで(家族がいない)剣道に集中できるねなんていわれてしまう始末。

いつもだったら帰ったら、疲れを忘れ子供と戯れるのが日課だったんだけどな。やっば寂しいな。息子、早く出てこないもんかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

寒い

東京も秋田に負けじと寒い。外も寒いが、何が寒いって家の中も寒い。いつも帰ってくれば暖かい部屋が風呂がご飯が用意されているのだが、一時独身生活の身としてはとにかく寒い。気付けば、生まれてこれまで、半径5m以内に僕以外の人間が寝ていないという生活をしたことが無い。いつも大家族、寮生活、ホームステイ、妻子、そして旅行先でも必ず誰か知っている人。こんな時間に息子に邪魔されずにメールも書けてしまうし、モルツプレミアビールを一人で飲んだが美味いと感じない、というか物足りない。家族の大切さ、温かさを身にしみて感じるここ数日だ。これから咲きはしばらく気ままな独身生活ブログになりそうだな。

PS.とはいってもお向かいの家は実の両親・祖父母が住んでいる。という落ちあり。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

部屋の模様替え

さあ、今日から一時独身生活スタート。一人暮らし用に全ての生活道具をベットルームへ押し込み、生活空間縮小。我が家は一人で暮らすにはでかすぎる。誰かの本で読んだことがあるが、“人間起きていれば畳半畳、寝ていて畳1畳、それだけの空間で生活できてしまう。”確かに共感できる。省エネ、エコライフについて少々考えさせられる。しかしそれだけじゃ生活なんて出来ない。家の中に飛び跳ねる空間や緑、絵を飾る場所も欲しい。贅沢な空間だが、それを皆でシェアする瞬間は大好きで、創造の空間だ。遊びに来る人によって家の雰囲気が変わるのも面白い。しばらくはお預けかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

うそでしょ。

今日こそは、いい加減帰らなくては。今日は空の便で挑戦だ。しかしまたもや雪の壁が聳1_え立つ。一晩で70cmの雪が積もり、平気で息子の身長は越えててしまった。数メートルの雪かきでも容易で無い。とにかくこの雪をどかさなければ空港までも行けない。結局午前中は雪下ろし、雪かきでつぶれてしまった。老人二人・妊婦一人・子一人残してさっさと帰るわけには行かず、次ぎ雪が降ってもいいように雪の捨て場所もつくり、これ以上降らないでくれと願いながら、不安要素多く残し何とか岐路へ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

帰れない!?

実は今日帰えるつもりだったのだが、電車が秋田ー盛岡間が運休。これをいいことにもう一泊。明日朝一で帰ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

子供は風の子

本当に今年の秋田は寒い!そして連日のニュースでも言われているように、大雪。子供達は大喜び。ちなみに初日は僕自身も大喜び。子供に頼まれ鎌倉つくり。ヘロヘロになりながらも意外と楽しんだ。img_2762_ しばらく息子にも会えなくなるので、思いっきりお父さんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 

1/2 妻の出産の郷帰りのため、大雪注意報の秋田へ出発。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »